スポンサードリンク

3月24日(金)の日本市場は以下の通りとなりました。
・日経平均株価 19,262円(+177)
・TOPIX 1,543.9ポイント(+13.5)
・東証1部出来高 18億2174万株
・同売買代金 2兆1455億円
・同値上がり1559銘柄、値下がり351銘柄、変わらず100銘柄

22日に400円を超す下げの後、しっかりした戻りがありませんでしたが、ようやく戻りが発生しました。

日経平均採用銘柄の上昇銘柄

1.東芝 +7.57%
2.北越紀州製紙 +4.46%
3.王子HD +3.98%
4.日本製紙 +3.71%tらtら
5.SUMCO +3.67%

東芝が2日続けて上昇率トップ。昨日は分社化するメモリー部門のIPOネタでしたが、本日は旧村上ファンドのメンバーの運営するエフィッシモが東芝株の8%強を取得した、という報道が材料視されました。原発事業が底無し沼状態なのに、よく突っ込むなー、と思わないでもありませんが、何かしら勝算があるのでしょう。けどね、JALのようになったらどうするんでしょ。

今後東芝株を巡るエフィッシモの動きは注目を浴びることになりそうです。

あと、意外な所では製紙株が揃って上昇。紙の値上がり=物価上昇なので、一個人としてはあまりいい感じがいたしません。

日経平均採用銘柄の下落銘柄

1.ユニチカ -1.96%
2.古河電気工業 -1.57%
3.昭和シェル石油 -1.16%
4.ヤフー -1.15%
5.三井金属工業 -1.06%

下落銘柄にはコレと言った話題や傾向は見受けられません。
素直に日経平均が177円上昇したことを喜ぶべきでしょう。

今週も一週間ご苦労様でした。
来週に向けて土日は英気を養いましょー。

スポンサードリンク