スポンサードリンク

任天堂が公道でマリオカートに似たカートのレンタルサービスを行う株式会社マリカーに対し、不正競争行為および著作権侵害行為の差止等および損害の賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました。

公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について(任天堂のIR)

テレビで報じられ特に外国人観光客に人気化しつつあったマリカーですが、残念ながら任天堂とライセンス契約等の締結はなされていなかったようです。カート自体がマリオカートをイメージさせること、街中の宣伝でスーパーマリオの音楽を利用すること、マリオ他のコスチュームを顧客にレンタルすること等、著作権侵害の可能性が高い部分がマリカーの事業には数多く存在しています。


マリカーのカートはこんな感じのです

任天堂と言えば、訴訟の世界では泣く子も黙る存在であり、正直な所、マリカー側の勝つ見込みは非常に低いのではないかと考えられます。今後の訴訟がどのような展開となるのか、注目を集めることになりそうです。

けど外国人観光客に人気のサービスなので、任天堂自らマリオの公道カートサービスやってみたらどうだろ。結構儲かるのではないかなぁ。

「任天堂の関連記事」
USJは任天堂のマリオエリアを2020年の東京五輪前にオープン!

スポンサードリンク